スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2013.03/19(Tue)

あくしず28号、萌え戦車道です。

 ついにガルパン11話の放送が始まりました。
 三ヶ月待っただけのかいがある、戦闘の推移と作画と人間模様。劇場クオリティとスタッフが言ってたのも納得です。出し惜しみが無さすぎるので、続編を作るのは不可能に思えるほどです。

 さて、ガルパンの下地とも言える萌えミリタリー街道を突っ走てきたあくしずの最新号が出ました。ガルパンの応援本付で、秋山殿の水着がまぶしいです。

 あくしず01

 ええ、ついでに1/72模型戦車道も買いあさってしまいました。ルノーB1bisとか手に入るとは…。

 あくしずの方は、バルバロッサ作戦特集。ガルパンで活躍のⅣ号戦車や38(t)が、どう運用されたかわかります。
 あくしず02
 ガルパンでは、ロシア戦車相手に駆逐艦のような接近戦をしてた38(t)が、天真爛漫なロリっ娘に。
 あと、別冊のじじ先生の秋山殿のふとももがまぶしすぎました。

 あくしず03
 今回一番のお気にいりは、シュトゥーカさん。急降下爆撃機はお尻から眺めるのが最高ですね、ゲフンゲフン。また、戦艦マラート撃沈ではなく撃破になってるのがさすが。マラートは、ルーデル閣下の攻撃後も砲撃をしてるので。

 ガルパン関連では、応援本でのサンダース、プラウダから見た試合解説の他、西住殿の記事も。
 あくしず06
 そう、「西住戦車長伝」の軍神となった、西住小次郎中尉です。同人誌以外で、ガルパンと関連して詳しく記事があるのは貴重かと。
 ほかにも、黒森峰女学園の各戦車は、アレ以外は全て4面図があるので模型戦車道の参考になるかと。

 WWⅡ以外では、今回フォークランド紛争の記事が。
 あくしず04
 ヴァルカン爆撃機とヴィクターの空中給油とか、機体自体も含めてよく知らなかったので、食入いるように見てしまいました。純粋な軍事学的興味ですよ(棒読み


 模型戦車道は、マチルダⅡの塗装をサンディブラウンをベースにざっと進め、大洗B1bisを中島系のコクピット色で塗り始め。どちらも劇中の雰囲気に近くなって満足です。1/72は置き場所に困らないので、この調子でガルパンの登場車両を作っていきたいです。Ⅲ突F型、手に入らないかなあ。
EDIT  |  23:08 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.03/14(Thu)

西住殿、マークⅣスペシャル(のようなもの)です!

 東京物語に続き、「靴づれ戦線」も完結しました。
 
靴ずれ戦線 2 (リュウコミックススペシャル)靴ずれ戦線 2 (リュウコミックススペシャル)
(2013/03/13)
速水 螺旋人

商品詳細を見る

 最後はベルリン戦で〆とは思ってましたが、東京物語に続き「ええっ!」という最後になりそうで、百合で終わってよかったです。民俗学の要素に、わりとえぐい史実の東部戦線のネタが詰め込まれた傑作でした。

 あとは、
 
どうせ私は狐の子どうせ私は狐の子
(2013/02/25)
森田季節

商品詳細を見る

 これが日常を一歩踏み外した世界の怪異、かつ少女特有の残酷さも描かれていてはまりました。自分が狐かもしれないという違和感もってしまった小五の少女を、狐の少女が導く話です。


 さて、いよいよ来週はガルパン11話の放映。盛り上がってきて、模型戦車道もはかどります。
 あんこう01
 つんどら少佐からの支援物資のイタレリの1/72のⅣ号戦車と、先日のマチルダを進めてみました。

 Ⅳ号は秋山殿が「マークⅣスペシャル!」と歓喜してた決勝戦仕様ぽい感じに。細かく再現しようとすると、増加装甲やシェルツェンの取り付け方、あんこうマークの向きや数など色々差はあるのですが、今回は省略。
 あんこう02
 というか、砲身基部のパーツを紛失するという大ポカやってたり。なので、あとは工具類つけたら完成とします。

 ポカというと、マチルダもゴムのキャタピラを切ってしまいました…。なので、完成後に見えなくなるスカート内などで履帯を瞬着で固定してます。
 マチルダ01

 そうそう、艦船模型のHPやってる身として、こちらも。
 長門01
 ずっと違和感あったフジミ「長門」の砲身を真鍮砲身に替えました。あと、ギリシャ装甲巡洋艦(1942)は迷彩まではすすめてます。
EDIT  |  23:34 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.03/11(Mon)

模型戦車道にどっぷりと

 さて、もうすぐガルパンの11話の放映日ですね。
 そのため、ガルパン関係の盛り上がりも大きく、秋葉原のボークスなどガルパン一色に。


 で、あてられて色々買ってしまいました。
 シャーマン01


 「東京物語」は、こういう終わり方か…読後しばし呆然としましたが、満理子の爽やかな生き方は素晴らしく、航空審査部抜きでも映像化して欲しいですね。

 さて、エアフィクスの1/76のシャーマンはA2型のため、アニメのサンダース校の無印とは異なる箇所も多いのですが、そこは「細かいことは気にしない」方針で。増加装甲のみプラ板で追加し、ガイアノーツのオリーブグリーンで一気に仕上げました。

 シャーマン02

 シャーマン03

 ガルパンのサンダース校のデカール貼るだけで、ニヤニヤしてしまうのはガルパンという作品の魅力ですね。ウェザリングマスターを使ったことがないので、後で汚していこうかと思ってます。



 …そう、後ろに何かいますよね。
 
 ネットゲーで鳴らした私達は、黒森峰に直撃を浴びせられ学園艦の艦底に潜った。しかし、艦底でくすぶってるような私達じゃあない。
 私達は飛行機の通らぬ戦車道の世の中に敢えて挑戦する、頼りになる神出鬼没の震天特攻A(アリクイ)チーム!
 
 三式02

 三式03

 三式04


 というノリで痛機を作ってしまいました、ええ。ガルパン10話の三式戦車のあっけない最後と、三式少女戦車団という名作同人があるなら、三式少女戦闘機団もあっていいじゃないか!というノリです。
 モノはハセガワの往年の名作の1/72。機体色は。大洗三式中戦車のオマージュで車体色のフィールドグレーで塗ってます。

 

 クレオスからガルパンカラーが出るとのことなので、Ⅳ号D型はそれ待ちで、次はマチルダかな?

EDIT  |  23:59 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.02/08(Fri)

「鳳翔」完成、そして色々着手

 もうすぐ「カルタグラ」「殻ノ少女」シリーズ続編の「虚ノ少女」が発売でワクテカしてる夜想亭です。ああいう、戦争の記憶が色濃い昭和30年代を舞台にした猟奇事件を扱った作品はたまらんものです。

 さて、正月から本格的に建艦を進めてたフジミの「鳳翔(昭和19年)」がようやく完成。
 鳳翔01

 前方から見ると、立ち並ぶ支柱から伺える無理な増築ぶりがたまりません。支柱は全てエッチングですが、一部プラ棒に変えてあります。というか、最初からプラ棒にした方が組みやすかったです。
 鳳翔02

 「鳳翔」は飛行甲板を延長したときは、内海での発着訓練が想定されていました。延長前は99式艦爆すら発着できない状態でした。延長後は、どうだったか定かではありませんが、写真のように天山を発着させるのは無理だったと言われてます。
 鳳翔03

 せっかく延長した頃には、練習航空戦隊たる第50航空戦隊は解隊。発着訓練も戦線後退で内海に下がった正規空母が行い、攻撃目標艦として行動したようです。
 こうして後ろから見ると、イラストリアス級のようなエンクローズト艦尾にも見えます。
 鳳翔04


 …ええ、エヴァQでのマリさんとアスカのイチャイチャぶりにあてられて衝動買いした「イラストリアス」を着工してました。
 舷側装甲をとりつけ、艦尾の支柱や甲板の再現。そしてひたすらにパテ盛りとヤスリがけ…。
 イラストリアス01

 あと、「鳳翔」のエッチング飛行甲板の接着に使ったガイアの瞬間クリアパテの使い勝手が良かったので、フェアリー企画のギリシャ装甲巡洋艦「G・アヴェロフ」の三分割の船体の接着と整形もやってたり。
 イラストリアス01

 戦車模型道の方も進行。フジミの1/76のチハ改とドラゴンの1/72の95式軽戦車。
 チハ
 最初はクレオスの日本戦車用の迷彩セットを使おうとしたのですが、妙に暗くて中止。どうも某所に残るカラーチップの現物を参考に作られたようで、これが経年による褪色してたのをそのまま再現してしまったとの説もあるようですね。
 なので、自分の印象に近い、カーキ、リノリウムと日本陸軍機用の濃緑色で塗ってみました。…うん、筆塗り一発勝負は無謀でした。ついカッとなってやりました。今は反省してます。

 色々無駄に色々手をつけてますが、趣味なんですからやりたい時にやりたいことをやるストレスのかからない方針で行こうかと思います。
EDIT  |  00:43 |  艦船模型  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2013.02/05(Tue)

秋山殿って本当にイイですね

 ここのところ、つぃったーの方では毎日のようにガルパンの秋山殿のことばかり呟いてるアホの子です。

 ソ連の少女戦車隊の話を同人で描いてた人の作品と知り、今更のようにガルパンのコミックを買ったんですが。
 
ガールズ&パンツァー 1 (フラッパーコミックス)ガールズ&パンツァー 1 (フラッパーコミックス)
(2012/09/21)
才谷屋龍一、ガールズ&パンツァー製作委員会 他

商品詳細を見る



 戦車の描写がうまいのは無論のこと、秋山殿が主人公として物語が展開する本編とは一味違った展開が面白いです。
 すなわち、戦車が趣味なせいで友達がずっと居なかった秋山殿がミリオタ的に黒歴史を発掘されるような言動したり。
 ガルパン02

 初めて自分を理解してくれる存在と思った西住隊長に理想をおしつけてたり、ヤンデレの二歩手前くらいな痛々しいキャラになっていて、残念可愛くてたまりませんね。

 さて、閑話休題。
 秋山殿



 ガルパンの話題は脱線して思わぬところに転がるのも面白いところで。
 とあるガルパンSSから派生して「九二式重装甲車の搭載砲」のお話になったり。車体に37mm砲積んだ車両があったとは。
 http://togetter.com/li/441763

 そうして、久方ぶりに戦車模型への意欲が高まって、10年以上ぶりに戦車を作ってみたり。
 M13_20130205001017.jpg



 ものはイタレリの1/72のM13/40。
 M1301.jpg


 ウォーゲーム用の駒として設計されたキットのようでパーツ数15。買ってから24時間以内に完成。たまには、こういうパッーと作るのも楽しいですね。ウェザリングとかはやったことないので、次に試してみたいところ。
 
EDIT  |  00:12 |  本の感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。